高槻で車買取!しつこい営業電話のない高額車査定業者を狙え!

高槻市の数ある車査定業者の中から、しつこい営業電話のない所だけを厳選して紹介

私の好きな車を語ろう〜アルピナB3ビターボ・リムジン&アルファロメオ・ミト・コンペティツォーネ

更新日:

万能型スーパーセダン~アルピナB3ビターボ・リムジン

 

本家BMWのM3が未だリニューアルされていない為、3シリーズのハイパフォーマンスモデルを望む場合は、必然的にこのアルピナ版の選択になります。3シリーズは、ベースモデルもセダンとしてはスタイリッシュなのですが、このアルピナ仕様は20インチの大径ホイールやエアロパーツ等により、そこに凄みがプラスされ、更に魅力的なエクステリアになっています。

勿論、パフォーマンスも抜群です。BMW435iクーペ等と同じ3LV6エンジンをベースとしながら、アルピナ独自のチューニングにより、410馬力ものパワーと600Nmという6L自然給気エンジン並みのトルクを実現しています。そのパフォーマンスは、0-100kmまでの加速が僅か4.2秒、最高速度は305km/hにも達し、正にスーパーカー並みの速さを誇ります。

現時点で真っ向からぶつかるライバルは、メルセデス・ベンツのC63AMGという事になりますが、加速性能は同等、最高速度は勝っています。(日本の公道上では無意味な比較ですが)これだけの性能を持ちながら、価格は955万円、オプションの右ハンドル仕様を選んでも980万円と1,000万円を切っており、非常にお買い得と言えそうです。C63AMGエディション507よりも、約200万円も安いのです。

又、燃費も意外な程良く、JC08モードで11.4km/Lも走ります。欧州車の場合、カタログ燃費≒実燃費ですので、パフォーマンスからすれば信じ難い程の低燃費と言えそうです。これは、C63AMGよりも5割以上良い値なのです。そして、3Lという排気量の小ささ故、自動車税がさほど高くないのも有難い点です。このアルピナB3ビターボ・リムジンは、性能・実用性・維持費の全ての面で満足の行く、素晴らしいハイパフォーマンスカーであると言えます。

 

アルファらしい伊達なコンパクト~アルファロメオ・ミト・コンペティツォーネ

photo by Dimitris P

 

現在日本で手に入れる事の出来るアルファロメオには、ミトとジュリエッタがあります。どちらも如何にもアルファらしいスタイリッシュなデザインのハッチバック車ですが、主に一人で乗る場合は、よりコンパクトでキュートなミトが魅力的です。ミトのデザインは、2ドアハッチバックでありながらクーペのような雰囲気も併せ持つユニークなもので、アルファ独特のフロントグリルと相まって、他のどの車にも似ていない個性を醸しています。ジュリエッタにも言える事ですが、「伊達」「粋」という言葉がこれ程似合うコンパクトカーは、他にはないでしょう。

ミトのボディ・サイズは、幅は僅かに5ナンバー枠を超えるものの、十分にコンパクトなものです。幅が1.8mに達する、意外と大きいジュリエッタと比べると、日本の路上で扱いやすいサイズであると言えます。ただ、ターニングサークルが5.5mと大きいので、Uターンや狭い駐車場での取り回しは少し面倒かもしれませんが、そこは小洒落たデザインに免じて目を瞑るべきでしょう。

実際にこのミトを購入するとすれば、DCTを搭載する廉価な方のコンペティツォーネを選びます。よりパワフルなクヮドリフォリオ・ヴェルデも魅力がありますが、それはミッションがMTになります。MTもそれなりに楽しいものですが、やはりDCTの方がイージーに運転出来る上効率的でもあるので、より魅力的です。ミトは絶対的な速さを追求するより、雰囲気を楽しみたい車なので、コンペティツォーネがパーソナル・チョイスになります。

-

Copyright© 高槻で車買取!しつこい営業電話のない高額車査定業者を狙え! , 2019 All Rights Reserved.